Regenbogen Orchestra 団体規約 

 

名称及び略称  

本オーケストラは「Regenbogen Orchestra以下「団」と称する。略称として、「虹オケ」を用いる。 

 

 

第2条(目的)  

団は「人と人をつなぐ架け橋となるような音楽を奏でる」ことを理念とし、オーケストラ活動を通じて音楽活動を楽しみ、団員交流を図る。 

 

 

第3条(本拠)  

団は神奈川県・東京都を活動の本拠とし、事務局を代表住所に置く。 

 

 

第4条(組織)  

団の議決機関として運営委員会を置き、必要に応じて運営会議を開催する。運営委員会は第2項に定める運営委員のほか、その他必要に応じて召集された者によって構成される。 

 

2項 は以下の役を設け、運営委員に任ずる。各役の業務分掌は別表1に定める。 

(1) 団長 

(2) コンサートマスター 

(3) セクションリーダー 

(4) インスペクター 

(5) 会計係 

(6) 会場係 

(7) 広報係 

(8) 受付係 

(9) 庶務係 

 

3項 団は会計事務の適切な執行のため、会計監査若干名を置く。なお団の会計年度は定期演奏会から定期演奏会までとする。 

(1) 会計監査は会計年度ごとに会計帳簿を点検し、その結果を団員に報告しなければならない。また、会計監査は必要に応じて随時、会計帳簿の点検を行うことができる。 

(2) 会計と会計監査を兼務することはできない。 

 

 

第5条(団員)  

団は、演奏会毎に団員を募集する。入団を希望する者は演奏会毎に定める方法によりエントリー申請を行い、セクションリーダーが承認を行う。また、団員は本規約を承認し活動しなければならない。 

 

2項 エントリー資格については、音楽的資質は問わないものとする。また、下記の各号に当てはまる人物については入団後、退団させる場合がある。 

 

1)団の規則を守らない。 

2)エントリー費などの金銭の支払いをしない、締切を守らない。 

3)協調性がない。準備や片づけを手伝わない。 

4)コミュニケーション力が著しく欠如している人(挨拶をしない、誰とも話をしないなど)。 

5)他楽団への勧誘(団の活動に影響がなければ問題はない)、政治活動をする人、宗教活動をする人、その他団が適当と認めない勧誘活動を行う人。 

6)遅刻等が多く合奏の障害になる人。 

7)法令等に違反した人。 

8)その他、団が不適当と認める人。 

 

3項 練習参加状況に著しく不都合があるときは、団の練習を優先し追加の募集を行う場合がある 

 

 

第6条(選曲)  

選曲は演奏会終了後に団員より公募したもの、および来場者アンケートにて要望のあるものの中から、編成や難易度、構成等を考慮し、運営委員会にて協議の上決定する。 

 

 

第7条(演奏会)  

演奏会の3ヵ月前迄に演奏会の出欠確認をし、演奏会費の入金をもって参加決定する。 

 

2項 参加人数が各パートの募集人数に達した時点で、各パートの募集を停止する。 

 

3項 参加キャンセルは理由に正当性があれば返金する。 

 

 

第8条(規約改正)  

本規約の改正は運営委員会の決定により行う。 

 

 

第9条(運用細則) 

緊急性、柔軟性の必要な事案については、運営の決定により「運用細則」として設定することが出来る。 

 

 

この規約は、平成28年10月1日から適用する。

 

別表1  業務分掌
(1)団長 団務を統括し、本団を代表する。
(2)コンサートマスター  演奏会および練習における演奏上の責任者として指揮者と協力し演奏技術向上に努める。 
(3)セクションリーダー  演奏各セクション(弦、木管、金管、打)ごとにセクションリーダーを置く。セクションリーダーは、音楽とパート内の事務作業に関し責任を持つ。
(4)インスペクター  指揮者、ソリスト等の団外の方との連絡を行う。情報は運営と逐一共有する。
(5)会計係 予算の作成・演奏会費の徴収・金銭帳簿管理を行う。団員から請求があるときは、帳簿の開示をしなければならない。 
(6)会場係  演奏会場、練習会場の確保を行う。日程はインスペクターと相談し決定する。また、会場の打ち合わせを必要な係と連携を取りながら行う。 
(7)広報係 チラシ、パンフレット等の印刷物やホームページの管理を行う。また、メールによる問い合わせやチラシの挟み込みの渉外を行う。 
(8)受付係 演奏会本番の受付と、スタッフ管理を行う。 
(9)庶務係 団全体の事務作業や各係の連携のためのサポートを行う。また、どの役にも属さない事項が発生した場合には担当する。